exhibition, news

王文柔 写真展『日常』

EXHIBITION|王文柔 写真展『日常』

2018年7月2日(月)-7月9日(月)

台湾からの留学生、王文柔(ワン ウンロウ)さんによる、香川での日常切り取った写真展を開催します。


STATEMENT |

私にとって、日本は非常に美しい国です。

歴史ある建物はもちろん、自然の景色やただのあり触れた街でも

こういった景色を見るだけで

私の平凡な日常は特別になるのです。

これは一番幸せなことだと思っています。

 

對我而言,日本有著她獨特的美麗與哀愁

爬滿歲月痕跡的建築、隱藏驚喜的四季更迭

甚至是最稀鬆平常的街景

在眼前綻放的每一瞬間

都能讓我那百般無聊的日常變得無比特別。
而這或許就是所謂的幸福。

 

For me, Japan is a very beautiful country.

Not only for their historical buildings but also for its natural scenery and all the surroundings in the city as well, only by seeing all these amazing views in my ordinary life, everyday becomes special.

I think this is the happiest thing.


EXHIBITION|

王文柔 写真展『日常』

[会期]2018年7月2日(月)- 2018年7月9日(月)
[時間]10:30-20:00(※BOOK MARÜTEの営業時間とは異なります。)
[会場]MARÜTE GALLERY
[入場料]無料

 

PROFILE |(日本語、中国語、英語バージョン)

王文柔(ワン ウンロウ)

1994年台湾・台南市で生まれました。
中学生の時日本に強く関心を持ち、香川大学への留学を機に
2016年9月に日本へ来ました。
あるとき、カメラを持つ自分の姿をキラキラしていると言ってもらえて</span
写真は自分のもう一つのこころだと感じました。
私が撮った写真で誰かが少しでも笑顔になってほしいので
これからも撮り続けていきたいと思います。

 

王文柔。
1994年出生於台灣・台南。
從中學開始便與日本發展出不可逆的愛情。
2016年9月以交換學生的名義來到香川。
曾經被說過透過觀景窗看著世界的自己閃閃發光,
才發覺相機正是自身的另一個靈魂。
透過拍下的照片,
若能換來一個笑容,就能促使自己繼續拍下去。

 

Juu, a 23 years old girl from Tainan City, Taiwan.
I have been in love with Japan since high school years. In the September of 2016,
I came to Kagawa as an international student.
My friend once told me that I looked glamorous when holding a camera.
Photography completes me. Camera embodies my spirit.
I want to make people feel understood and relieved when seeing my works.
When my photos achieve this, I am encouraged to shoot on.

2018-04-30 | Posted in exhibition, newsComments Closed