exhibition

EXHIBITION 5/20-6/4|植本一子写真展「家族最後の日の写真」

 

植本一子写真展「家族最後の日の写真」
5/20(sat)→ 6/4(sun)

 

写真家で、文筆業でも多くの支持を集める植本一子さんの最新刊『家族最後の日』(太田出版)の出版を記念した写真展「家族最後の日の写真」を開催いたします。

昨年6月にも、MARÜTE GALLERYにて植本さんの写真展「オーマイドーター」を開催させていただきました。その際、大きな話題を呼んだ著書『かなわない』の出版記念トークも行いました。
その2ヵ月後、植本さんが高松を再訪してくださったときのエピソードが、新刊『家族最後の日』の中で重要なシーンとして登場します。

日々の出来事と感情の描写は、常に嘘のないまっすぐな文章で綴られ、読み手の感情を巻き込んでいきます。(読んだ後の副作用は、自分に嘘をつけなくなってしまうことです…)
『家族最後の日』今年の必読書です。ぜひこの機会に手にとってみてください。

写真展では、本書に収録された写真作品に加え、執筆中の日々の中で撮影された写真を約80点を展示予定です。

*5/28(日)には、著書『紋切型社会』(朝日出版社)で多くの人々に衝撃を与え、その才能が注目されている武田砂鉄さんと、植本一子さんの対談を行います。高松で実現するなんて夢のような豪華な企画です。
ぜひお見逃しのないように、ふるってご参加ください!

 
 

EXHIBITION|
植本一子写真展「家族最後の日の写真」

[日時]2017年5月20日(土)- 6月4日(日)※水曜定休
[時間]13:00-20:00/土日11:00-20:00
[入場料]無料

 

TALK EVENT|
対談

植本一子 × 武田砂鉄(『紋切型社会』著者)

[日時]2017年5月28日(日)18:00〜
[入場料]1,000円+1ドリンク

参加申込はこちら

 

PROFILE|

植本一子 うえもといちこ
写真家、文筆家。1984年広島県生まれ。2003年にキヤノン写真新世紀で荒木経惟氏より優秀賞を受賞し、写真家としてのキャリアをスタートさせる。広告、雑誌、CDジャケット、PV等幅広く活躍中。著書に『かなわない』(タバブックス)、『働けECDーーわたしの育児混沌記』(ミュージック・マガジン)、『家族最後の日』(太田出版)がある。
http://ichikouemoto.com/

 

武田砂鉄 たけださてつ
1982年生まれ。ライター。出版社勤務を経て、2014年からフリー。「cakes」「文學界」「VERY」「暮しの手帖」「SPUR」「Quick Japan」等で連載を持つ。2015年、『紋切型社会』(朝日出版社)で第25回Bunkamuraドゥマゴ文学賞受賞。2016年、「第9回(池田晶子記念)わたくし、つまりNobody賞」受賞。他の著書に『芸能人寛容論』(青弓社)、『せいのめざめ』(益田ミリ氏との共著・河出書房新社)がある。
http://www.t-satetsu.com/

 

    
 

2017-03-14 | Posted in exhibitionComments Closed