exhibition

EXHIBITION 7/14-24|宇壽山貴久子写真展「ワンピースのおんな」

 
宇壽山貴久子写真展
ワンピースのおんな
7/14(fri)→ 24(mon)
 
 
様々に異なるバックグラウンドを持つ女性たちのワンピース姿を撮影する「ワンピースのおんな」 は、写真家の宇壽山貴久子が『暮しの手帖』で2009年から連載している作品です。これは、ワンピースという服を通して普遍的な女性の美しさとは何かを探す試みであります。ぜひご高覧ください。
 

 
「ワンピースのおんな」について
宇壽山貴久子
 
「ワンピースのおんな」は2009年から『暮しの手帖』誌上で連載している写真作品である。 当時NYで生活していた私は、素敵なワンピース姿の女性たちに触発され、私服のワンピースでポートレートを撮ることにした。何を着るかはモデルが選ぶ。撮影場所はほとんどが自宅かその周辺で、女性的なシルエットを好む人もいれば、重ね着で中性的に着こなす人もいた。共通していたのは、服の選択が確信に満ちていたこと。そして、服にまつわる話はもちろんのこと、その人の半生がとても面白いことだった。どの人も、年とともに自分に似合うものを自然と把握し、徐々に自分の着こなしに自信を持った。「わたしはこの服が好きだ、なぜなら似合うから」と言えるまで、年月と経験が必要であることを学んだ。自信を得た女性は、年齢に関係なく、いっそう魅力的だ。  ワンピースを通して女性の普遍的で多様な美しさを捉える試みを続けていきたい。
 

 

EXHIBITION|

宇壽山貴久子写真展「ワンピースのおんな」

[会期]2017年7月14日(金)- 24日(月)水曜休廊
[時間]13:00-20:00/土日11:00-20:00
[入場料]無料

 

オープニングトーク|

2017年7月14日(金)19:00〜20:00
入場無料 (予約優先)

出演:宇壽山貴久子(写真家)
対談相手:高田節子(foyerグループ相談役/モードサロンつねやデザイナー)

写真家の宇壽山貴久子さんと、「ワンピースのおんな」シリーズで被写体になった高田さんをお招きし、写真の話、「ワンピースのおんな」の話、女性の美しさとはなにかということなどを、お酒を飲みながらざっくばらんにお話いただきます。ぜひお気軽にご来場ください。

*トークイベントは参加無料ですが、会場にて「旅ベーグル」さんによるケータリングがあります!
ドリンク付1000円。ご希望の方はぜひ、お求めください。

▶︎ご予約はこちら 
定員に達したため、お申込受付を終了いたしました。たくさんのお申込、ありがとうございました。

 

 

PROFILE|

宇壽山貴久子(うすやま きくこ)

宮城県出身。早稲田大学第一文学部及びニューヨーク・ファッション工科大学写真学科を卒業後、写真家としてニューヨークで活動を開始する。2002年『犬道場』写真新世紀奨励賞受賞。2014年にアメリカから日本へ拠点を移し、独自のテーマで作品を発表し続けている。主な作品に、宮城県のシャーマンを撮影した『オガミサン』(2008-2009)、ニューヨークの地下鉄の乗客を撮影した『Subway』(2012-2013)、50歳以上の女性のワンピース姿を撮影した『ワンピースのおんな』(2009-現在)など。

【展覧会】

2002.9.1 – 23 写真新世紀展 東京都写真美術館
2009.5.1 – 31 グループ展「Wrong dance, right steps」Vacant (東京)
2014.10.23 – 26 「犬道場」青参道アートフェア (東京)
2014.10.13 – 11.5 個展「ワンピースのおんな」ギャラリー916(東京)
2015.10.9 – 11.4 個展「ワンピースのおんな」destination Tokyo(東京)
2015.11.4 – 11.28 個展「Subway」 stock books & coffee(仙台)
2016. 7.11 – 7.24 「Left to Right, Right to Left」西村ツチカ・宇壽山貴久子二人展  Shibuya Publishing and Booksellers(東京)
2016. 8.3 – 8.27 個展「ワンピースのおんな」stock books & coffee(仙台)
2016. 9.3 – 10.30 個展「ワンピースのおんな」MAGARIYA Gallery (千葉)
2016.10.7 – 10.19 個展「Subway」MARÜTE Gallery (高松)
2017.2.1 – 2.15 個展「ワンピースのおんな」誠光社(京都)

http://www.usuyama.com

イラスト:©西村ツチカ
 

 
A Statement about “Woman in a Dress”
Kikuko Usuyama
“Woman in a Dress” is a series of photographs started on Kurashi no Techo magazine in 2009. Some attractive women wearing dresses inspired me to photograph the portraits with their own clothes in New York. The model selected what to wear. Locations were usually at home or in the neighborhood. Some liked feminine silhouette, and others liked unisex style with layers. What they had in common was no hesitation in choosing the clothes, and the interesting life story as well as the dress. With the years, everyone has naturally understood what made her look better and gradually become confident in her style. I have learned that it takes time and experience till you can say, “I like this, since it looks nice on me”. The confidence makes a woman more attractive regardless of age. The experiment to capture the eternal and versatile beauty of women through the dress will continue.
 
【Artist’s Profile】
Kikuko Usuyama
Born in Miyagi, Japan. After studied literature at Waseda University and majored in photography at Fashion Institute of Technology New York, she started her photographer’s career in New York. “Inu-Dojo”(Dog Parks) was awarded by Canon New Cosmos of Photography in 2002. Relocated from U.S. to Japan in 2014, she has been pursuing her own artistic themes and showing photographic works at galleries/bookstores. Her main works are; “Ogamisan” (2008-2009) focused on a shaman in Miyagi. “Subway” (2012-2013) is candid photographs in NYC subway, and “One piece no onna” (Woman in a Dress)(2009-present) is a series of fashion portraits in one piece dresses over age 50.
 
【Exhibitions】
2002.9.1 – 23 “Canon New Cosmos of Photography Group Exhibition” , Tokyo Metropolitan Museum of Photography
2009.5.1 – 31 “Wrong dance, right steps”, Vacant (Tokyo)
2014.10.23 – 26 “Inu-Dojo”, Aosando Art Fair (Tokyo)
2014.10.13 – 11.5 “Woman in a dress”, Gallery 916 (Tokyo)
2015.10.9 – 11.4 “Woman in a dress”, destination Tokyo
2015.11.4 – 11.28 “Subway”, stock books & coffee, Sendai-city, Miyagi
2016. 7.11 – 7.24 “Left to Right, Right to Left” by Tsuchika Nishimura & Kikuko Usuyama, Shibuya Publishing and Booksellers(Tokyo)
2016. 8.3 – 8.27 “Woman in a dress”, stock books & coffee, Sendai-city, Miyagi
2016. 9.3 – 10.30 “Woman in a dress”, MAGARIYA Gallery, Chiba
2016.10.7 – 10.19 “Subway”, MARÜTE Gallery, Takamatsu-city, Kagawa
2017.2.1 – 2.15 “Woman in a dress”, Seikosha, Kyoto
 
Website: http://www.usuyama.com
2017-05-18 | Posted in exhibitionComments Closed