event & fair

EXHIBITION 6/21-6/30 | Yoshie Itasaka Photo Exhibition『One Person’s Utopia is Another’s Dystopia -Journey through the Land of Israel-Palestine-』

EXHIBITION|

Yoshie Itasaka Photo Exhibition

『One Person’s Utopia is Another’s Dystopia -Journey through the Land of Israel-Palestine-』

[会期]2019年6月21日(金)- 6月30日(日)
[時間]平日 10:00-19:00/土日祝 10:00-19:00
[会場]MARÜTE GALLERY
[入場]無料

STATEMENT |

ユダヤ人ーイスラエル人。
そしてイスラエルという国を理解するのは、世界の複雑さを
理解する事と同様に、とても難解な事なのだろうと
Zeev Sternhell氏の著書”The Founding Myths of Israel”を読み進めながら、
イスラエルーパレスチナの土地を旅した。

シオニストが夢見たユートピアー社会実験の失敗
イスラエルの贖いーイデオロギーが生む不協和
引き返せない過去、社会的・政治的矛盾への葛藤
変化してゆく世界情勢ー国家イデオロギー、終わらない紛争。

全ての“ニンゲン”の理想が実現される
ユートピアを創造することは不可能である現実を知る。

中東問題は西欧的価値観で外面を見ていては理解できない
様々な思想(信念)や宗教を持つアラブ人や、
世界中から異なる歴史的バックグラウンドを抱えて
集まったユダヤ人とが、其々に異なる時代の流れ(紛争)を経て
この土地に存在している。

其の地の真実は、其の地を訪れなければ理解することができない。
私たちは其々が信じたい ”Belief”に寄り添い、
メディアや他者から受け取る情報(イメージ)を頼りに
妄想しては取捨選択してゆくから。

如何に知識と想像力を持って、
相反する世界観を越えてゆけるだろう
Every constructed reality is a myth,
and the more people carry it on, the more real it becomes.
Until you manage to look behind the surface
PROFILE | Yoshie Itasaka
1984年、大阪生まれ。バンタンデザイン研究所 ファッション学部スタイリスト科卒業。2010年より放浪旅を始め、北米大陸を2年間、ヨーロッパ大陸(北欧、東欧、旧ソ連圏、旧ユーゴスラビ ア含む)を6年以上放浪中。2018年はロシア、東ウクライナ、イスラエル、パレスチナ(左岸)を旅し、現在一時帰国中。原宿ROCKETにて「失恋レストラン」「New Alive Food」「New Journey Restaurant」「What’ s New Georgia!!!」等の企画展を開催。『Rocket Magazine Vol.03 』『BIRD4号』などに写真や文章を寄稿。 2017年にジョージアを旅した記録を写真集『Reality of Here and There』としてリトルプレスにて出版。2018年 4月、写真家・若木信吾が故郷・浜松市にオープンした写真集専門書店BOOKS & PRINTS KAGIYA Galleryにて写真展「The Future of the Past」を開催。

//////////////////////////////////////////////////

English ver

“One Person’s Utopia is Another’s Dystopia”
-Journey through the Land of Israel-Palestine-

Jewish-Israeli.
…I learned that understanding the country of Israel is as difficult as understanding the complexity of the world, while reading
Zeev Sternhell’s book ‘The Founding Myths of Israel’ and travelling to the land of Israel-Palestine.

Utopia dreamed by Zionist- Social experiment failure
Discord caused by Israeli ideology
The past which can not return
Conflict over social and political contradictions
Changing world affairs-National ideology-Endless war.

We know the reality, that it is impossible to create an utopia in which all human ideals are realized.

The Middle East problem can not be understood by looking at the outline with Western values.
The Arabs with various ideas (beliefs) and religions, and the Jews gathered from different places in the world with different historical backgrounds, have developed through different periods of time (conflict), Now they both are settled in the Land of Palestine…

One will not be able to understand the land truly unless one visits it.

We want to believe in our ” beliefs ”, and we rely on the information (images) we receive from the media and others, and we will select it.
How can we have knowledge and imagination and transcend conflicting world views?

Every constructed reality is a myth,
and the more people carry it on, the more real it becomes.
Until you manage to look behind the surface

-Yoshie Itasaka
Born in Osaka in 1984
Started the nomadic journey in 2010. From 2010-2013, travelled North America. Then, from 2013-2018, travelled around Europe (include the former Soviet countries,former YugoSlavia),Russia,Israel
https://www.instagram.com/hungry_ban/

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

タイトル:『One Person’s Utopia is Another’s Dystopia -Journey through the Land of Israel-Palestine-』
仕様:18.2×25.7cm (B5) 32P
販売価格:¥1,500+税
出版:自費出版 | ソフトカバー

限定250部 テキスト 全文英文

*展示に合わせて刊行されたドキュメンタリー写真ZINE

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

2019-05-23 | Posted in event & fair, exhibitionComments Closed 

 

MARÜTEの学校『子どもの遠足』

 

MARÜTEの学校『子どもの遠足』

 

マルテの学校ではこどもとの場をどうやって作っていくか考えていましたが、

『遠足』という、子どもも大人も全方位で身体も知恵も感覚も発揮できる場を作ることにしました。

できればチャンスがあるときに近場、遠方で、すかさず開催します。

大人も子どもも是非一緒に遠足しましょう。

【申し込みフォーム】

https://forms.gle/NABmX5FGsJrS37hD8

 

【開催日】6月9日(日曜日)
豊島ウサギニンゲンシアター観劇遠足のお誘い
http://usaginingen.com/theater/
●天候により中止になることがあります●
集合
高松から参加のみなさん
8時50分高松小豆島行きフェリー乗り場
9時/土庄港行きフェリーにのりこんでください。
小豆島から参加のみなさん
10時20分 豊島行きのフェリー乗り場
10時30分。豊島行きにのりこんでください。
天候によりバスか徒歩でウサギニンゲンシアターへ。
劇場前で遊ぶ
お昼 ドンドロ浜商店の出店におにぎり/サンドイッチ/おやつ
   たのんでおきます。各自飲み物だけおもちください。
13時半から ウサギニンゲンシアター 観劇
費用 参加費無料
   ※シアターの観劇料大人1000円/飲食/交通の経費はそれぞれおしはらいください。
お申し込み マルテの学校
解散 フェリー事情により 土庄港15時半ー16時頃予定  高松17時までには。
付き添い 平野公子 奥田丹 久松オウコ

【緊急連絡先】

080-5452-3165(平野公子)

2019-05-22 | Posted in event & fair, newsComments Closed 

 

EXHIBITION 5/11-6/2 | 尾野真千子と川島小鳥 『つきのひかり / あいのきざし』

EXHIBITION|

尾野真千子と川島小鳥 『つきのひかり / あいのきざし』

[会期]2019年5月11日(土)- 6月2日(日)
[時間]平日 12:00-19:00/土日祝 10:00-19:00
[会場]MARÜTE GALLERY
[入場]無料

EVENT|

川島小鳥トークショー

[開催]2019年5月11日(土)18:00-20:00

[参加費]1000円

[定員]25名

※定員に達したため受付を終了しました。

 

STATEMENT |

川島小鳥。1980年生まれ。早稲田大学第一文学部仏文科卒業後、沼田元氣氏に師事。2007年に写真集『BABY BABY』で鮮烈なデビューをし、大人になる直前の少年少女を川島独自の眼差しで魅力的な作品を撮影し続けています。佐渡島の少女を1年間撮影し続けました写真集『未来ちゃん』を出版し、3年間台湾に30回通って撮影しました写真集『明星』を出版しました。第42回講談社出版文化賞写真賞、第40回木村伊兵衛写真賞を受賞しました。

今回は、女優の尾野真千子さんを、台湾と奈良で撮り下ろした自身初のモノクロームの展覧会となります。

 

「真千子さんが目の前に立っているのを見ると、ふいに切ない気持ちになる。世界にたったひとりでいるような、さみしさを感じる。それは台湾の街中でも、奈良の山奥でも変わらない。何かとても美しい何か。ふたりで共有した時間の中で、写真に残せたものは何だろう。」ー 川島小鳥

 

PROFILE |

川島小鳥(カワシマ コトリ)
1980年生まれ。
早稲田大学第一文学部仏文科卒業後、沼田元氣 氏に師事。

写真集に『BABY BABY』(2007)、『未来ちゃん』(2011)、

『明星』(2014)、谷川俊太郎との共著『おやすみ神たち』(2014)、

『ファーストアルバム』(2016)、台南ガイドブック『愛の台南』(2017)。

第42回講談社出版文化賞写真賞。第40回木村伊兵衛写真賞を受賞。

 

 

2019-04-22 | Posted in event & fair, exhibitionComments Closed 

 

EXHIBITION 4/11-4/29 | Ahn Jun 写真展『Self- Portrait / One Life』

   

 

EXHIBITION|

Ahn Jun 写真展『Self- Portrait / One Life

[会期]2019年4月11日(木)- 4月29日(月)
[時間]平日 12:00-19:00/土日祝 10:00-19:00/水曜定休
[会場]MARÜTE GALLERY
[入場]無料

EVENT|

Ahn Junトークイベント / 通訳:キム・ソヨン(IANNBOOKS)

[日時]2019.4.13(土)17:00~

[会場]MARÜTE GALLERY

[入場料]1500円+1ドリンク(予約不要)

IANNBOOKS トークイベント

[日時]2019.4.13(土)19:00~

[会場]MARÜTE GALLERY

[入場料]無料(予約不要)

韓国のメディア・パブリッシング・プラットフォーム

「The Reference」@the_reference のキム・ソヨンさんをお招きし、IANNBOOKSの活動についてご紹介するトークイベントも同日に開催致します。

皆様お誘い合わせの上、ご来場ください。

※http://www.iannmagazine.com/

ーーー

STATEMENT |

「One Life」

ソウルを拠点に世界的に活躍するAhn Junの最新刊。2013年から2018年まで、ソウルを皮切りに、日本、トルコ、アラブ首長国連邦、イギリス、アイルランドなど世界各地で撮影された作品88点が収録されている。自身の家族によって投げられたリンゴが空中にある瞬間をハイスピードシャッターにより撮影している。作品編集の過程では、落ちるべき運命と重力に逆らったまま空間が停止していることを示唆するイメージのみを選択し、文脈が失われた瞬間に生み出される超越性を露わにしようと試ている。それは祖父の死を境に作家のなかに芽生えた死生観のメタファー「死に向かう過程としての生」を、写真という形で私たちに提示している。

「Self-Portrait」

2008年から2013年にかけて、ソウル、NY、香港都心などで撮影したセルフポートレートのシリーズ。

高層ビルの屋上や先端にあって下を見下ろすその姿は、圧倒的な緊張感と浮遊感に満ちている。

屋上にいることは変えられない=「過去」と、遠くに感じられる都市の風景=「未来」の狭間にある「虚空」を視覚化し、一瞬の割れ目=「現在」を写しとる。コンテクストから孤立する一枚である。

高所から水平に都市を望む視点と、その足もとの虚空を見る視点──

視覚的認識と空間的認識、生と死、理想と現実が衝突し、その端の上にある人間の存在を提示する。

PROFILE |

Ahn Jun (アン・ジュン)

2006年 南カリフォルニア大学 (ロサンゼルス) 美術史学科卒業、2012年パーソンズ美術大学 (ニューヨーク) 写真学科修士課程修了後、2017年弘益大学校 (ソウル) 大学院写真学科博士号を習得。

主な個展に「On The Verge 」 (Photographic Center Northwest、アメリカ・シアトル / 2018) 、「UnveiledScape」 (Keumsan Gallery、韓国・ソウル / 2017) 、 「Self-Portrait」( Christophe Guye Gallery、スイス・チューリッヒ / 2014) など。

主なグループ展に「Space; Crashes in Street Life」(Triennial of Photography Hamburg、ハンブルグ、ドイツ / 2018)「Asia Woman Artists」( Jeonbuk Museum of Art、韓国・完州郡 / 2017)、「Ich」( Schirn Kunsthalle、ドイツ・フランクフルト / 2016)、 「Secret Garden」( ソウル市立美術館、韓国・ソウル / 2016)など。

主な作品収蔵に国立現代美術館(ソウル)など。

2018年、写真集『Self-Portrait』(赤々舎)、『One Life』(Case Publishing)を同時刊行。

2019-04-11 | Posted in event & fair, exhibitionComments Closed 

 

MARÜTEの学校 チョークボーイ 吉田幸平の一日授業『文字を描く』

MARÜTEの学校 チョークボーイ 吉田幸平の一日授業『文字を描く』

講師:チョークボーイ(吉田幸平)

開催:2019年4月28日

時間:13時より
定員:40名 – 50名
参加費:4000円 

場所:高松市 女木島松林キャンプ場 (現地集合解散)

※ 当日の詳細は受講者にメールにておおくりします。

【申し込みフォーム】

https://forms.gle/Fw1rEmEoLq89ta7f9

 

【講師紹介】

吉田幸平(チョークボーイ)

アルバイトを続けた大阪・梅田のカフェ「カフェ&ブックス ビブリオテーク」のメニュー黒板を担当すると、その黒板が評判を呼ぶように。チョークの楽しさにハマり、気づいたらいつの間にかそれが仕事になり、
チョー クボーイとして活動を始める。日本をベースに世界中、黒板のあるところならどこでも描きに行く。
黒板だけでなく壁画まで描き出した昨今、活躍の場は黒板からはみだしてきている。関西出身。

『すばらしき手描きの世界 (主婦の友社)』発売中。受講者のみなさん必見!

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

当日、女木島キャンプ場での宿泊が可能です!

キャンプ道具がない方はこちらで揃えます。

 

【NEUTRAL OUTDOOR】

http://www.neutraloutdoor.com/brand/index.html

 

キャンプ道具をお持ちの方は自前のテントなどを持ち込み可能です!

 

 

2019-04-04 | Posted in event & fairComments Closed 

 

MARÜTEの学校『本を作ろう』

MARÜTEの学校『本を作ろう』

講師:アサノタカオ (takao asana)

開催:2019年6月 9月 11月(全6回)
定員:10〜15名
参加費:27,000円(前納/手製本の資材を含む)

場所:高松市玉藻公園内披雲閣

※初心者、詩や本のことに興味があるかた歓迎です!!

 

【申し込みフォーム】

https://goo.gl/forms/EECmcuRbmWZzbEzC2

 

【開催スケジュール】
講座時間:13:00〜16:00

6月29日(土) 詩を読む・詩を書く
6月30日(日)     

9月7(土)詩集を企画する・詩集を編集する
9月8(日) 

11月2(土)デザインする(ごく簡単なもの)・手製本をつくる(ごく簡単なもの)
11月3(日)

★ 当日の詳細は受講者にメールにておおくりします。

 

【講師紹介】

アサノタカオ

1975年生まれ、編集者。サウダージ・ブックス、山尾三省生誕80年出版企画にたずさわり、

詩を中心に本の編集とその周辺の仕事をしている。

 
 
【サウダージ・ブックスホームページ】

 

 

 

 

 

 

 

 

2019-03-09 | Posted in event & fair, newsComments Closed 

 

MARÜTEの学校『文字の勉強』

MARÜTEの学校『文字の勉強』

開催:2019年4月〜10月(全12回)
定員:15名
参加費:70,000円(前納)※学生さんは3割引になります

 

会場:高松港周辺

【お申し込みフォーム】
https://goo.gl/forms/4VIrcMGCTtZBODf93

【開催スケジュール】
4月6日(土) 鳥海修 総論 文字をつくるということ
4月7日(日) 平野甲賀 

5月18(土)岡澤慶秀 パソコンを使います
5月19(日)岡澤慶秀

6月15(土)平野甲賀
6月16(日)平野甲賀

7月20(土)岡澤慶秀
7月21(日)岡澤慶秀

8月やすみ

9月21(土)岡澤慶秀
9月22(日)岡澤慶秀

10月19(土)平野甲賀 最後の2回はレイアウトの勉強にする予定
10月20(日)平野甲賀

【講師紹介】

平野甲賀  (kouga hirano)

1938年生まれ グラフィックデザイナー装丁家 手がけた装丁は7000冊
 ぼくらが小学生だった頃には、墨を摺って毛筆で文字を書く、習字の時間という
課目があって、手や友達の顔に、イタズラ描きをしたりして大騒ぎでした。そこで
ふと、近頃の小学生は文字をどのように書いているのか? ちょっと心配になって
きました。まさか、いまだに筆と墨ではないでしょうが…もしかしたら、キーボー
ドから文字をたたきだしているのでしょうか?
 ぼくが美術学校を卒業し、宣伝広告などを作る現場で働き出した頃、美しい文字
といえば、まず新聞、雑誌の活字、写植ときまっていました。それがいよいよパソ
コンの時代になってフォントというものが登場し、文章を綴りながら組版まで出来
てしまう、そのうえ写植なみの文字数も用意され、書体数もずらりと 揃えられて、
いまや、この上ないタイポグラフィーの環境といえます。
 しかし、ここで漢字・平仮名・片仮名などを自在に操る日本語。漢字で頑張る中
国・簡体字などの字形を考えたとき、その形に孕まれた歴史や思想をみすごすこと
はできません。文字は一様に整えられた形と組合わせから意味、つまり言葉が生ま
れます。その形は微妙に誇張されたり、ずれ動いたりしながら、情感を伝えようと
するのです。つまりこれが、われわれが取り組もうとしている象形文字なのです。
ひたすらえんぴつで文字を書くことになるかもしれません

 

鳥海修 (osamu torinoumi)

フォント制作会社「字游工房」の代表。書体設計士
いまもっとも注目をあびる書体設計の第一人者鳥海修さんが、今年は4月6日しか空いていない、ということで
マルテの学校開講日が決まりました。鳥海さんの最近の仕事、谷川俊太郎さんの新刊詩集の文字作りからはじまり、
文字を作ること、理想の文字とは何か、をお話しいただきます。
『文字を作る仕事』(晶文社2016年刊行)で第65回(平成29年)日本エッセイスト・クラブ賞受賞

 


岡澤慶秀 (yoshihide okazawa)

1970年長野県生まれ。多摩美術大学卒業。1994年字游工房入社。ヒラギノ丸ゴシック体ファミリー、游築見出し明朝体、ヒラギノUD角ゴ、秀英丸ゴシックなどの開発に関わる。2009年にヨコカク設立。こどものじ、どうろのじ、ドットのじをリリース。現在フリーランスのタイプデザイナーとして活動中。
受講者のみなさんと書体デザインをはじめる前に必要な準備から、漢字・ひらがな・カタカナを実際に制作するまでの情報を共有します。
自在にフォントつくるところまでいけるかどうか、みなさん次第

2019-01-28 | Posted in event & fair, newsComments Closed 

 

EXHIBITION 2/2-3/11 | 森康志 写真展『ハットリくん』

EXHIBITION|

森康志 写真展『ハットリくん』

[会期]2019年2月2日(土)- 2月11日(月・祝)3月11日(土)好評につき会期を延長しました!
[時間]平日 12:00-19:00/土日祝 10:00-19:00
[会場]MARÜTE GALLERY
[入場]無料

EVENT|

「ハットリくん」トークショー&写真集忘年会

[開催]2019年2月2日(土)17:00-19:00

[参加費]500円

[第一部]「ハットリくん」トークショー

[第二部]写真集忘年会(旧正月)

好きな写真集持参、お酒・おつまみ持ち込み自由

ご参加のお客さまは、こちらのフォームよりご応募ください。

https://goo.gl/forms/BpgT8QgHKhPoPvaf2

ーーー

STATEMENT |

わたしの家にはハットリくんという猫がいます。
ハットリくんは、2011年の東日本大震災の時、福島の双葉町から疎開してきました。
わたしは当初、猫の写真なんてさほど興味がなかった。
しかしハットリくんと一緒に過ごしていると、孤独と同時に漂う愛しさに徐々に惹きつけられていきました。

ある日、フィルムの最後の数コマに写した写真を見た時、自分にそっくりな顔をしたハットリくんがそこにはいました。
フィルムのボロボロの粒子の向こうから命をへばり付けるように、じっと見つめている、その瞳。
故郷を遠く離れ、すっかり飼い慣らされてしまった本能が、わたしだけに垣間見せる野生の表情がそこにはありました。

「愛するものを撮ること」

小さな窓の向こうに流れる景色にわたしたちは身を任せ、いつまでも夢中のまま写真を撮っていたい。
でも、猫の時計はすごく速いスピードで進むから、わたしを追い越して先に止まってしまうことも知っている。
わたしはその時までこの不思議で捕まえどころない生き物を、愛し、わたしにしか見えないハットリくんを捕まえたい。

この写真たちは、わたしとハットリくんが歩んできた愛の物語です。

 

PROFILE |

森 康志(モリ ヤスシ)
1980年神奈川県生まれ
東京藝術大学大学院美術研究科絵画専攻油画修了
写真スタジオ勤務を経て、半沢健 氏に師事後、写真家として独立。

グループ展:「fotofever 2018」 Carrousel du Louvre, Paris

      「Neko Project」 IBASHO gallery, Antwerp /Galerie ARGENTIC, Paris
                                           La Fontaine Obscure, Aix en Provence / Olivier Bourgoin, Marseille
受賞歴:Neko Project 最優秀賞

 

●作家ホームページ
http://yasushimori.com/

  

2018-12-21 | Posted in event & fair, exhibition, newsComments Closed