exhibition

EXHIBITION 9/1-9/11 | 松岡一哲 写真展『マリイ』

妻のマリイ、あらゆる人物や風景をとらえ続けた、写真集『マリイ』。

純粋な写真芸術の系統に

堂々と鎮座しながら、しかし、あたらしい時代を切り開く、

繊細な「間」の、「瞬間」の芸術世界、

そして、

この世界とは何か、人間とは何か、宇宙とは何か、

すべてに意味があって、すべてに意味がない、

そんなこの世界について、

写真家・松岡一哲は「ただ在る」その人間の営みを静訟に捉え続けます。

写真集の詳細・ご購入はこちらから

https://book-marute.stores.jp/items/5aed30b850bbc345fb00074f

EXHIBITION|

松岡一哲 写真展 『マリイ』

[会期]2018年9月1日(土)- 9月11日(火)
[時間]平日12:00-19:00、土日祝10:00-19:00
[会場]MARÜTE GALLERY
[入場]無料

PROFILE|

松岡一哲

写真家。1978年生まれ。日本大学芸術学部写真学科卒業後、スタジオフォボスにて勤務し、独立。写真家として活動するかたわら、2008年6月よりテルメギャラリーを立ち上げ、運営をはじめる。2011年10月、写真展「東京 μ粒子」をテルメギャラリーにて開催。

Ittetsu Matsuoka / Photographer
Born in 1978. Graduated from the Photography Department, Collage of Art of Nihon University and worked at studio FOBOS before going independent.
While actively serving as a photographer, he started to run a gallery named “THERME gallery” in June, 2008. He held his personal exhibition “Tokyo μ Ryushi (Tokyo Perticle μ)” at THERME in Oct, 2011.

2018-08-13 | Posted in exhibition, newsComments Closed 

 

EXHIBITION 8/24-30 | kuroma 作品展『糸をめぐる』

香川県在住の抽象作家、kuromaの作品展を開催します。

今年1月の個展『瞬きしてるまに』の開催から、精力的に製作を続け、わずか半年で全く新しいコンセプトの個展開催が実現しました。

 

『糸をめぐる』
感情が突如として放たれ、万物に絡みついた時、予期せぬ発見がありました。
人は優しさや弱さ、様々な感情と繋がり合って生きていかねばならないのです。
それが時には糸のように離れたり、また密に絡み合ったりすることも必要なのかも知れません。
己の糸はどんな姿をしているのか感じてください。
分からない、だけど気持ちいい。

 

今回も、会期中は全日在廊し、ライブペインティングを行う予定です。

EXHIBITION|

kuroma 作品展『糸をめぐる』

[会期]2018年8月24日(金)- 8月30日(木)
[時間]9:00-22:00
[会場]MARÜTE GALLERY
[入場]無料

 

PROFILE |

kuroma
1995年生まれ。抽象作家。
香川県在住。猪熊弦一郎と出会い衝撃を受け、大阪芸術大学芸術学部美術科で抽象画を学ぶ。
のちに、専門学校穴吹デザインカレッジにてグラフィックデザインの知識、技術を習得した。
オフィシャルHP:http://kuromacube.com/
Twitter:https://twitter.com/pana730916151
2018-07-21 | Posted in exhibition, newsComments Closed