exhibition

EXHIBITION 10/10-18 | 赤間賢次郎 写真展『écriture』エクリチュール

//////////////////////////////////////////////

【赤間賢次郎 写真展】

『écriture』エクリチュール

[開催]10月10日(火)〜18日(水)
 平日:12:00〜-19:00
 土日祝:10:00〜19:00
[会場]MARÜTE GALLERY(北浜アリー2F カフェumieさん隣)
[入場料」無料

【特別企画】

『髪の毛と肖像写真~Between Hair and Portrait~ 』

赤間賢次郎による、ヘアカット(もしくはヘアアレンジ)。

Before、Afterで撮影をし、A4相当のプリントを後日お渡しします。

[開催]10月10日(火)~18日(水)

 平日:①12:00~14:00

    ②14:30~16:30

    ③17:00~19:00

   

 土日祝:①10:00~12:00

     ②13:00~15:00

     ③16:00~18:00

[会場]MARÜTE GALLERY(北浜アリー2F カフェumieさん隣)

[参加費]10,000円(税込)

[ご予約]こちらのフォームより、ご希望の日時をご指定の上ご応募ください。

    髪の毛肖像写真~Between Hair and Portrait~応募フォーム

※ご予約が重複した場合は、先着順とし、他の時間帯をご提案をさせて頂きます。

 
//////////////////////////////////////////////

『écriture』エクリチュール

銀座の

パリにあるようなオープンテラスのカフェで

砂漠色の糖を二つ沈めたイタリアンエスプレッソに

シリアンラタキアを利いている

僕の頭の上を横切ったのは

リモートコントロールされた無人爆撃機

————赤間賢次郎“そして、それがすべて繋がっているのだとわかった”(Rose of Latakiaのための)より

新橋を歩くサラリーマンの後ろ姿、ショップのウィンドウに鎮座する宝飾物、無心にスマホを覗き込む少女、夜の街を彩るイルミネーション、都市の片隅に棲息する動物たち……。

赤間賢次郎による、初の写真集『écriture』は、ライカによるスナップとフォトグラム、4つの詩篇からなる、まったく新しい都市論である。

すくい上げられた無数のイメージの断片から、現代社会に生きる我々の無意識が浮かび上がる。

//////////////////////////////////////////////

【特別企画】

”髪の毛と肖像写真”(Between Hair and Portrait)

—-撮影・ヘアアレンジ:赤間賢次郎 ポートレイト(三上博史、三文オペラ楽屋)

|STATEMENT

髪の毛をして差し上げるというのは、その個人に介入する事でもあり、

濃密で、とってもパーソナルな出来事です。

良いポートレイトとは、

そに人の人となりや、本質を、的確に捉えた写真だというのは、よく聞く事ですが。

それでは、その本人とは?

仮に、衣服やその環境(本人の部屋など)などを全て絶って、ヌードで撮影したとしても、

髪の毛はいつも本人に付属しているわけですが、

それは、3日前にヘアカットしていただいた髪かもしれない。

その髪の毛は、間違いなく自分のものですが、

同時にヘアカットを施した者の創造物でもある。

もっと言えば、

髪の毛そのものは、本人の物だが、

その造形されたものは、その作り手の感性であるとも言えます。

そもそも、完璧なポートレイトとは存在せず、

完璧なポートレイトと思わせる様な写真が、ポートレイト写真ではないかと。

肖像写真撮影とヘアを僕が同時にする事によって、

その前と後に、あるいは途中に起こる事は、何なのか?

ポートレイトとは何か?

本当の自分とは何か?

考察する機会になるのでは無いかと、思っています。

(本人解説)

——————————————–

【特別企画】

『髪の毛と肖像写真~Between Hair and Portrait~ 』

赤間賢次郎による、ヘアカット(もしくはヘアアレンジ)。

Before、Afterで撮影をし、A4相当のプリントを後日お渡しします。

[開催]10月10日(火)~18日(水)

 平日:①12:00~14:00

    ②14:30~16:30

    ③17:00~19:00

   

 土日祝:①10:00~12:00

     ②13:00~15:00

     ③16:00~18:00

[会場]MARÜTE GALLERY(北浜アリー2F カフェumieさん隣)

[参加費]10,000円(税込)

[ご予約]こちらのフォームより、ご希望の日時をご指定の上ご応募ください。

    髪の毛肖像写真~Between Hair and Portrait~応募フォーム

※ご予約が重複した場合は、先着順とし、他の時間帯をご提案をさせて頂きます。

//////////////////////////////////////////////
【プロフィール】
赤間 賢次郎(あかま・けんじろう)
ミュージシャン、俳優などのヘアーカットなどを手掛けるヘアデザイナー。2004年に個人事務所「Arrabia & Atelier」をメイクアップアーティスト・久保田直美とともに設立し、多数の広告、雑誌、コレクションなどで活躍している。
 
1985 -BIJIN(ヘアサロン代官山)勤務
1989 – 渡英
– Vidal Sassoon Academy Diploma 取得
1990 – Windle(ヘアサロン ロンドン)アシスタントとして勤務
– Hairdressers Journal (UK)Cover Photoに自身の作品が抜擢される
1991 – First Academy(ヘアサロン ロンドン)勤務
– Red or Deadなど自身初のロンドンコレクションを多数担当、その他多くのエディトリアル、PVなどを手掛ける
– Eugene Souleiman(世界的ヘアースタイリスト)のファーストアシスタントとして活躍(ロンドン パリ)
1992 – 独立
– Marina Jones Bookings(ロンドン)に所属(世界的メイクアップアーティスト Lisa Butlerの推薦による)活動する
1993 – Alexander McQueenのデビューコレクション(ロンドン)のヘアーに抜擢される- 多くのエディトリアル(ロンドン パリ ミラノ)を手掛ける
1994 – 帰国
– Psycrops 2(東京) に所属、多数のエディトリアル、コレコション、CF、PVなどで活躍
2000 – Atelier(渋谷)を開設、ヘアサロン機能を充実させ、アンジェラ アキ、宇多田 ヒカル、ソニア パーク、三上博史、鶴田真由らを始め、ミュージシャン、俳優など仕事仲間や友人のヘアーカット等を手掛ける
2004 – 個人事務所Arrabia & Atelier(恵比寿)を久保田直美(メイクアップ)と共に設立、現在に至る
赤間賢次郎 公式HP:http://kenjiroakama.com/
【書籍データ】

赤間賢次郎 写真展|写真集

「 écriture 」エクリチュール

写真・詩篇:赤間賢次郎

デザイン:黒田益朗(クロダデザイン) 

翻訳:茨木千尋 アンジェラ・アキ

発売:Arrabia & Atelier 2016年8月刊行

A4変形|188ページ|写真206点|詩4篇

2017-09-21 | Posted in event & fair, exhibitionComments Closed 

 

EXHIBITION 9/23-10/2 |守矢 努 巡回展『Stardust Traveling exhibition』

//////////////////////////////////////////////

【守矢 努 巡回展】

『STARDUST Traveling exhibition』

グラフィックデザイナー 守矢 努の作品展&ステンシルワークショップ

[開催]9/23(日)~10/2(月)

 平日:12:00~-19:00

 土日祝:10:00~19:00

 ※会期中は終日作家が在廊予定です。

[会場]MARÜTE GALLERY(北浜アリー2F カフェumieさん隣)

[参加費]・Small:¥500

     ・Medium:¥1,000

     ・Large:¥2,000

※予約不要

【ギャラリートーク 】

『守矢 努×中川正子』

[日時]9/24(日)19:00〜20:30(受付18:30〜)

[会場]MARÜTE GALLERY(北浜アリー2F カフェumieさん隣)

[入場料]無料(要ワンドリンクオーダー)

※要予約

 

////////////////////////////////////////////////

ILA. STENCIL SERVICE(アイラ.ステンシルサービス)名義でステンシルに特化したアート活動を続けている、グラフィックデザイナー 守矢 努さんの作品展&ステンシルワークショップを開催します。9月24日(日)に、交流のある写真家、中川正子さんとのギャラリートークを開催いたします。
ギャラリートークのご予約はコチラから
https://goo.gl/forms/r3Zaxm7frXJ7gzWc2
————————————————————-
“Stardust”
「自分という宇宙に散らばって光る無数のアイデアの欠片たち…
その愛する欠片たちの幾つかを拾い集めステンシルというツールを使い空洞/調和/流動的に表現しました。」
本展は、今回の個展のために制作した新作を中心に、膨大な量のアーカイブからセレクトしたステンシル・テンプレートも展示します。
また、会期中、持ち込み可能でいろいろなアイテムにその場でプリントする。ワークショップも行います。
さらに、会期中は、守矢氏ゆかりの地であり、個展のスタート地でもある、東京のLittleNapCoffee(リトルナップコーヒー)のコーヒーをご用意致します。
「おいしいコーヒーを飲みながら、私のアトリエを覗きに来るような感覚で遊びにいらしてください!」
————————————————————-
 
【Profile】守矢 努 (もりや・つとむ)
1969年 神奈川県出身。桑沢デザイン研究所卒業後、CDジャケット/アパレルブランドのデザインを中心に活躍。近年はステンシルアーティストとして2017年6月に初の個展STARDUST、2017年8月に企画展DR.DRIPPING’S CASSETTE TAPE TOWERを開催。ステンシルワークショップとして音楽フェス(FUJI ROCK FESTIVAL 2017/SUMMER SONIC 2017
/SWEET LOVE SHOWER 2017)に参加。活動のフィールドを広げる。・音楽フェス: NEW ACOUSTIC CAMP、ACO CHiLL CAMPのトータルグラフィックデザイン/アートワーク担当。・CD / DVDジャケット: 真心ブラザーズ、ハナレグミ/レキシ、OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND
ENT、BLUE ENCOUNT etc. のアートディレクション/デザイン担当。・雑誌: relax 2016.01フリーペーパー表紙アートワーク/2016. 本誌 目次/P65ページに作品が掲載される。・一般財団法人 ラブフォーニッポンと共に、福島、熊本の復興イベントにボランティア/チャリティとして参加。



中川正子 (なかがわ・まさこ)

1973年横浜生まれ。1995年、津田塾大学英文学科在学中にCalifornia state university, Haywardに留学。写真と出会う。自然な表情をとらえたポートレート、光る日々のスライス、美しいランドスケープを得意とする。写真展を定期的に行い、雑誌、広告 、アーティスト写真、書籍など多ジャンルで活動中。
2011年3月に岡山に拠点を移す。現在、東京と岡山を往復する日々。自身の出産と震災後の世界を描いた写真集「新世界」(PLANCTON刊)は全国6カ所で巡回をし好評を得た。最新の写真集として、東日本大震災の後に岡山へ移住した人々の暮らしをモチーフにした物語『IMMIGRANTS』を発表。他に「旅の響き」(宮沢和史氏と共著、 河出書房新社刊)、「通学路」(PLANCTON刊)、2017年4月最新写真集「ダレオド」(Pilgrim刊)。

 

2017-09-16 | Posted in event & fair, exhibitionComments Closed